読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iasna's diary

生活日記の別室です。何を書くか決めてません、、、

マンナンヒカリを食べてみたよ。


ローソンの新製品情報で、マンナンヒカリを使用した商品があったので食べてみました。
玄米マンナン入りおにぎり わかめしらす | おにぎり・寿司 | 商品・おトク情報 | ローソン
マンナンヒカリってなんぞ?ってことですが、はっきりと書いてないんですがコンニャクをお米っぽく加工した食品、ということらしいです。何でできているのかはっきり書いたほうがいいと思います。
マンナンヒカリの特長 | マンナンヒカリ
95%がお米と変わらないと言っていますが、はたして。

見た目

マンナンヒカリの粒は異常に白いです。白米といえど炊いたら多少は黄色みがかったり、透明だったりしますよね。
(我が家は玄米ハーフなので余計に白く感じてしまうのかも?)
それがマンナンヒカリにはありません。真っ白です。粒が小さいです。普通のお米の2/3くらいの大きさです。

食感

若干グミっぽく感じることもありますが、ほとんどお米と変わりません。粒が小さいせいもあると思います。
コンニャク臭さもなく、言われなければわからないと思います。
そして噛んでも噛んでも甘みは出ません。

粘り気

一番お米と違うと感じたのはここです。
マンナンヒカリは粘り気がありません。おにぎりで商品展開したローソンは勇気あるなと思いますが、たった15%粘り気がないものを混ぜただけで、ここまで食べづらく感じるほどおにぎりがもろくなるとは思いませんでした。しっかり持って食べようとしても、ほろほろと崩れてしまいます。

全体の感想

おにぎりとしては食べづらいレベルでした。味は申し分ないのですが……
ごはんと言ってしまうのはまだ早いのではないかなと感じました。これだけをお茶碗に盛られて箸で食べれるか?と聞かれたらまず間違いなく食べられないと思います。
粘り気がないので箸で持ち上げられる気がしません。
チャーハンみたいにパラパラに仕上げたい場合は非常に相性がいいかもしれません。
ただし、粒が小さいのと卵がうまくまとわりつくかどうかがわからないです。
昔食べたときはもっともっとコンニャク臭くて本当に食べられるレベルではなかったので
そこからしたら大きな進歩がみられました。

マンナンがんばれ。もっと頑張れ。