読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iasna's diary

生活日記の別室です。何を書くか決めてません、、、

3月になった。映画を見た。その2

昨日の続きです。今回もネタバレしまくりですご注意ください。

 

isana.hatenablog.com

 

 5本目『バトルフロント』

バトルフロント スペシャル・プライス [DVD]

バトルフロント スペシャル・プライス [DVD]

 

 きゃー!ステイサム様よ!!!

もう何度も見たというのにトランスポーター祭りが来るとまた録画してしまうステイサム大好き人間です。吹き替えのほうがいいんですが録画したのは字幕版でした。

スタローンが製作・脚本ということで暴力・銃・戦場!!とにかくステイサムが暴れまくる作品だと思っていたら全然違いました。

まず題名が違います。元は『HOMEFRONT』というタイトルです。ほらね、印象ぜんぜん違うでしょ?現役を退いたいいパパしようとしている(実際頑張ってる)ステイサムがまーたごたごたに巻き込まれてやれやれだぜという感じです。

とかいいつつ、部屋のベッドの下には銃火器たんまり仕込んであって手入れもばっちりってあたり、全然現役じゃねーかおまえという感じです。まーシングルパパなので娘になんかあったら困るしそのぐらい漢としてはあたりまえのことかも知れませんね。ステイサムとかスタローンだったらな!

ごたごたの内容ですがこれがまた、発言小町や鬼女板なら全く持っておなじみの「PTAトラブル」ってやつでして。あー小町だったらこうコメント書かれるわーとかこの対応はまずいわーって感じで、ていうか相手見ろやステイサム様やぞ(斎藤さんだぞのノリで)。まーヤク中の母親だから見境なしなんでしょうね。やっかいごとならなんでもこいな兄貴にステイサム〆ちゃってよついでにヤクちょうだいとか言っててクソ親すぎました。最後には頼んだ兄貴に銃で撃たれるからざまあみろですがね!!

でまたこのステイサムの娘役の役者さんがちょーかわいいし演技もめっちゃすごいんです。本作の見どころの一つはこの娘さんです!

news.aol.jp

この可愛さでアクションやるわ馬には乗るわステイサムとスクールカウンセラーがちょっといい感じになってたらニヤニヤしちゃうわでほんともうかわいいわ!!抱きしめたい!!

あとスタローンは猫スキーなのかわかりませんが、作中にステイサム家で飼ってる黒猫ちゃん(推定4か月くらいのまだ子猫)が空き巣に入られたときにどっかいっちゃいます。んで首輪だけ見つかるんでああ~~殺された設定か畜生め!と思ったらヤクアニキのところでちゃんとミルクとご飯もらって飼われてました。やだ……アニキ惚れる……でもその猫追っかけてステイサムはアニキの手下に捕まっちゃうんですけどね。そこでまた手首縛られてさんざん拷問まがいなことされてるのにそっから逆転して3人のしちゃうステイサム様すごいきゃー抱いて!!ってなるんですけどアクションシーンはさすがに文字に起こすのは無理ですねごめんなさい。

超映画批評で100点中40点だったこの作品ですが、パッケージからは想像もつかない前半ほのぼのからの、後半ステイサム無双が楽しめる超お得な一本だと私は思っています。

猫も出てくるしステイサムかっこいいし女の子かわいいので★5です!

 

7本目『ワールド・ウォーZ

 

  プラピです。プラピvsゾンビを期待してたらちょっと違いました。

テレビ版なのでカットされているのかどうかわかりませんが、ブラピ一家が食事してるとテレビから世界情勢が不穏になってる様子が伺えます。それを見て一家も家族全員でお出かけを決意。

外に出るとすでに大渋滞。止まってると車の間をすり抜けるバイクにサイドミラーを破壊されるブラピ。いきなり災難ですが行く先で爆発が起こったりただ事ではないと気が付きます。理由はわかりませんが大型トラックがばんばん普通乗用車をなぎ倒して走ってるのでそれに続くブラピ。ですが交差点で信号無視(というか、もはやパニックで機能していない)で自車が大破するやいなや、潔く車を乗り捨てて走り出します。荷物とかどうすんだ。

とにかく群衆にまじって走っていると人にかみつく『人らしきモノ』が目に入り、かまれた側も『人らしきモノ』に変容するのを目にします。これはゾンビですか?だがしかしただものではないゾンビ、この世界でいうところの『Z』でした。

まず設定がいわゆる今までの『ゾンビ』ではないんです。めっちゃ走ります!!!疾走につく疾走!!よく脳のリミッターが外れたら筋肉がちぎれるほど走れるとかいいますがそんな感じで『Z』が走り迫ってきます!こわい!

どのくらい怖いかっていうと、元々国連捜査官だった(後でわかる)ブラピが全く一瞬の逡巡もなくそこに乗り捨ててある自動車(キャンピングカー)を躊躇なく勝手に拝借します。家族も平気で乗り込む。まー命が大事ですから非常時ですし仕方ないのでしょうか?んでゾンビパニック映画おなじみのショッピングセンターで略奪行為をもちろんブラピ一家もやります。妻に襲い掛かる男を銃で躊躇なく撃ち殺します。わー本当にこわいのは人間だー!

ここで伏線になんのかな?と思ったシーンがありました。娘がぜんそくでその薬を探しているときに銃をつきつけてくる男性がいて、正直に話すとちゃんと薬を探し出して渡してくれるってシーン、あの男性その後どうなったんでしょうね……後から医療に関わる部分がかなり出てくるのでてっきりからんでくるのかと思いきや、それっきりでした。うーん気になった。

そして自分も勝手に略奪した自動車ですが、やっぱりどっかの人に乗られてなくなってましたとさ☆ちゃんちゃん♪(ザマァwwwww)

国に協力するって言ってからがもうひどくて、ウイルス専門家を連れて行ったのに最初の基地で飛行機降りる前に転んで死ぬというクソひどいシーン、これだけはえっマジで今の死んだの??なんで??ってなってわざわざ巻き戻して確認しましたが本当に転んだだけで死にました。大望を抱いていたのになんだったんだマジで。

実は前半ちょっと寝てしまいました。なので『Z』がビルをもろともせずよじ登ってきたりするシーンはまるっと見逃しました。気が付いたらブラピが普通の飛行機に乗ってました。んで飛行機にZが潜んでいてパニックになったので手りゅう弾投げてまともな乗客もろとも吹っ飛ばして自分+仲間一人だけ生き残るブラピ。ちょっと畜生すぎねぇかこいつ。

なんとかかんとかWHOにたどりついたら半分Zの支配下にあってまた絶望。ですがここまでさんざん鬼畜な所業で生きてる人間もろとも吹っ飛ばして来たブラピ様ならド派手にやってくれるはず!!と思いきや静かに、刺激しないように、気づかれないようにWHOウイルス保管室まで行きます。なんじゃそりゃーーーー!!しかも連れてった仲間が「(音が大きいから)最後の手段だぞ」と手渡された銃をばんばんぶっぱなしまくります。お前空気読めなさすぎだろwwwwwwいい加減にしろ。ドッパッパドッパパドッパドゥー!

結局銃使っちゃった二人はほうほうの体で元の場所に戻ってくるという、道案内ェ……しかもブラピなんやかやでウイルス室にたどり着いちゃう、なにこのご都合主義。尺足りないから迷子にすんのやめた!みたいなやっつけ感すごい。しかも、適当に病原体っぽいアンプルを無作為に選んでパツイチであたりをひきます。やったぜ!どんだけ尺足んないんだよ!そんでわざと音を出して波のように襲い掛かるZから全く無視されるブラピ。ここまで無茶苦茶してまで剛速球で来たのに全く急がないブラピ。自販機のジュースみんなに差し入れないブラピ。やっぱ鬼畜だお前は。

 そんなわけでブラピが新発見して人類は救われた!やったぜ!みたいな終わり方ですが全く根本的解決はしていません。世界中でZ vs 人間が続いたり、Zに乗じて戦争したりで、終わりはまったく見えませんでしたENDです。そりゃ原案?原作小説?のwikiしつこいほど『全く関係ありません』を連発されるわけだぜ。

超映画批評さんでは100点中70点……まじかよ。

私は★2です。あーそうそう、ブラピの奥さん役が篠原涼子でしたので-1です。