読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iasna's diary

生活日記の別室です。何を書くか決めてません、、、

いざというときのための準備とは

もしものときの準備について。

嫁が3月11日の震災での出来事をきっかけに家を出て行った - 鬼嫁ちゃんねる

完璧に準備をして避難所に行ったらそこにいた『まとめ役』とかいう輩に全部奪われそうになったというお話。

うわー、こえー。火事場泥棒か。

この『まとめ役』とかいう男が奪った品々を配って、自分が神のようにあがめられたいだけですよね。うっわー気持ち悪い。

私はギブアンドテイクに賛成。だって自分のために準備したんだよ?他人のためじゃないのにどうして差し出さなければならないのか理解ができない。

昨日もいざというときの準備の話を家でしたんだけど、一日2Lの水、最低でも6Lあると理想的というお話。

でも、それを準備していない乳幼児をかかえたお母さんがいたら、ミルクのために差し出すべき??差し出さなければこっちが悪人扱いされる?意味がわからない。

冷たい?他人に物資をよこせというその集り根性こそ忌むべきでは?

結局、我が家では「何も準備しないほうがいい」との結論になりそうです。

だって奪われるの嫌だもの。くれと言われて断って嫌われるのはいやだもの。有事で不安なのに、周りの人間も敵になったら精神的におかしくなるよ。

みんな同じ「もたざるもの」で我慢するほうがいいのかも。